気分はいつも日曜日!

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常useとオイルの関係

チープなチューニング!?
  • comment3
  • trackback0
 僕の常用回転数はせいぜい4000回転程。それにこのエンジン(EF12型)最大馬力は4800回転、最大トルクは3200回転で搾り出す。

ヒュ~ンと吹け上がりが良い!というよりは時速40キロにも満たない速度でも5速でドコドコと回転がついてくるといった粘りのあるエンジンだ!引っ張るよりは小刻みなシフトアップで対応したい。

いまは漏れ予防を考慮してやや硬めの5W-40のオイルを入れている。今の時期はいいが梅雨寒の北海道や東北では少々、吹け上がりが重いようにも思えた。また、若干、燃費も落ちたような気がする。

小排気量車でさほど回さないのなら5W-20というのもイイと思うが・・。夏場は5W-40、冬場は5W-20、オールシーズンなら5W-30だろうか?ベストな選択はどれだ!?
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 3

pancho  

仰るとおり、KJ-6はパートタイムで1000ccです。4駆走行はやはりある程度のロスになっているでしょう。低速での小回り性能も落ちます。そういった意味でもカタログ値から大幅に低い数値を示すのは運転技術とエンジン自体の健康状態を疑いたくなります。

2006/09/17 (Sun) 03:07 | EDIT | REPLY |   
Chirico(管理人)  

kj-6は確かパートタイムで1000ccでしたっけ?四駆のときとニ駆の時の違いってあるのでしょうか?燃費やコーナリング等で…

2006/09/16 (Sat) 23:47 | EDIT | REPLY |   
pancho  

何かと話題に事欠かないドミンゴのオイル管理ですが,燃費へ話題を振ってみますと,chiricoさんや北海道のオーナーの燃費状況を伺ってからはシフトアップのタイミングにそこそこ気を使うようになりました.各3000回転でのシフトアップを心がけてリッター10キロが常でしたので,オイル交換を期に2000~2500回転でのシフトアップで効果が出るか試してみます.

2006/09/16 (Sat) 03:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。