気分はいつも日曜日!

ARTICLE PAGE

辿り着いたらいつも雨降り・・

ドミンゴのある風景
  • comment0
  • trackback1
 最近、遠出しようと思えばいつも雨降り・・かといって何もしないのもつまらん。僕にとってドミンゴは遊び、お出かけの移動基地である。まぁ出かけることそのものが趣味であるといえるかもしれない。

たとえそれが雨中の1泊2日であっても旅情がそそられればそれはそれで納得済みのこと。梅雨らしく季節感があってよろしいかとオホホ・・トホホ(汗)

場所はどこでもよかった。いつもの見慣れた景色から街道沿いの街並みを流し、其の川越え処の峠越えて・・車中泊使用のドミンゴだ!疲れたら横になればいいや・・峠で珈琲を淹れても良い・・保冷庫にはチョットした食料も冷やしてある。


白馬岳、大雪渓コースの登山口、“猿倉”には頂上小屋への荷揚げ用ヘリか?

 R17は“道の駅岡部”から県境の神流川辺りまではガソリン安売り地帯??ここで一気に満タンにしておこう。

無料化されてどのくらい経つだろうか?“碓氷バイパス”にさしかかる。スバルドミンゴ(E-KJ8)なら大人2名+エアコンONでもトップギアーでそこそこ登る事ができる。

『まだイケルナ・・』この峠はコイツの健康診断のようだ。標高を稼ぎ関東を離脱すれば蒸し暑さから開放される。半袖じゃ寒いくらい・・

 夜の帳が降りた頃、麓のいで湯につかった。辺りも寝静り長距離トラックの『ヒューン』と走る過ぎる音に懐かしさすら感じつつ僕はドミンゴの中でシュラフに包まった・・

nou-michinoeki.jpg
日本海側は激しく雨が叩きつける。

バケツで水ブッかけられるようにすれ違うトラックにハネッ返りを喰らった。ふと北海道行きフェリーがでる港の標識が見えた。去年の今頃は未だ道内滞在中だったな・・
立ち寄るとまた、有らぬ!?妄想をかき立てられてしまいそうなので再び山間部へステアリングを切った。

 ちっちゃなタイヤを時折『キィーキィー』言わせながら山岳国である日本の大地を駆け上がって行く。雨・風・雪・雹・高温多湿・大渋滞・後続車の煽り・鳥の糞にも負けず・・時には家にもなってくれる。帰ったら久々に洗車でもしてやろうかな(笑)。

走行距離700キロ
オール下道
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply