気分はいつも日曜日!

ARTICLE PAGE

待ち時間は有効に・・

地域ネタ
  • comment0
  • trackback0
 木古内の寿旅館を後にして朝一の『スーパー白鳥』で木古内からお隣、蟹田まで移動。蟹田からは秋田までは再び鈍行旅行だ!

今日のお楽しみである五能線経由『リゾートしらかみ』は青森始発だが待ち時間が3時間以上もあるので奥羽本線でその先、弘前まで移動して弘前市内散策を加えることにした。


P8130152.jpg
また、その奥羽本線、弘前行きも待ち時間が1時間以上あるので青森駅前を散策。


P813弘前城
弘前観光には100円巡回バスが便利だ。桜の名所『弘前城』


P813リゾートしらかみ
弘前駅で『リゾートしらかみ』が入線して着た。


指定の筈だが毎度イス取ゲームが続いたのでついつい戦闘モードに入ってします。「もう、駆ける必要ないのに・・」


ところがどっこい!


取っておいた指定席に先客がある。アレレ・・予約日時を間違えたかな?しかものんきに弁当まで食ってる。「またかよ~!」コチラが指定券を見せるとブツクサ言いながら前席へ退いたが・・そこも予約客が来てまた退いた。結局、この老夫婦は無券乗車だったようだ。しかもタチが悪いのは「アンタ等、空いてるトコ座れば」とそこに居座ろうとした事。

 僕はコイツ等が無賃・無券そんなことはどうでもいい。ただ・・本当に・・お願いだから・・「俺の所に来ないでくれ!!」静かに過ごしたいだけなのに何故かこういう輩がいつも俺の近くに来るような気がする・・車なら脇に止めたりしてやり過ごせるが電車はヘンな奴が来ると逃げられない!そんな訳で汽車旅があまり好きになれない。


気を取り直して車窓の感想:弘前から青森方面、川部に戻り五能線区内に入ってゆく。車窓にはこの地方らしいリンゴ畑が・・さらに、やや霞の中、岩木山が見えた。何となく独立峰に見えたが白神山地の一部らしい。鯵ヶ沢を過ぎ千畳敷に出ると奇岩の多い風光明媚な海岸線へ出る。鉄道写真スポットだ!


P813五能線の景色
この辺りではJRのサービスか列車もスローダウン・・


P813車内ねぶた
ねぶた標準装備の車内ここまで凝るならSLでも走らせれば?


 ウエスパ椿山駅を過ぎると海岸線も単調になる。この時期に夕日を楽しむならこの次の便のほうがいい。やがて海岸線から離れバスケの街、能代駅に到着。終点、秋田駅までもう少しだ。思えば今回の旅を思いついたのも秋田で足止めを食らったからだった。

18きっぷ旅は秋田まで。東京へ向かうのに夜行高速バスを手配済み。この日は暑く風呂にも入らず夜行バスに乗るのは嫌なので駅近くのホテル、『ドーミーイン』の展望風呂(1000円タオル付き)で一浴した。まだ、乗車時間まで3時間近くある1000円もする風呂に入る事はなかなか無いことだがそれしか選択肢がないから致し方ない。秋田は駅近くに銭湯は無いようだ・・

 お世辞にも快適とは言い難いが臨時の『秋田発→新宿・東京・TDL』行き6000円ならまぁ良いだろう・・いくつかのインターに寄ったが最後に入った羽生インターはトイレが全てウオシュレットだった。首都高に入ると白亜のビル群が見える。やっぱり東京が一番イイかな?

早朝の新宿3丁目からお盆休みでガラガラの東京メトロ副都心線、一本で自宅まで戻った。乗車時間はせいぜい40分位なのに妙にもどかしい。18きっぷ旅では座席確保の為に30分くらい前から並んでいるのはザラなのにね・・


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply