気分はいつも日曜日!

ARTICLE PAGE

水曜日の気分はいつも日曜日!

Feathercraft Java
  • comment0
  • trackback0
 今秋は定例となりつつあるが今日は仕事から帰ったら、気分は日曜日の日だ!東名道を東京ICから深夜早朝割引でギリギリ100キロ以内の裾野ICまでスバルドミンゴを走らせた。インターを降りた時はすでに0時近く今夜は冷えるので海岸沿いまで移動したい。松崎界隈まで移動したいが海岸線まで下りた時はもう深夜1時近く、さすがに眠い・・車止めたとたん即、シュラフに包まり晩酌もなく車中泊となってしまった。

朝、起きたのが8時、散歩したり飯食ったりと自然色豊かな場所で迎える朝は清々しい。ドミンゴでここを出たのが9時、子浦についたのは10時、季節外れでしたが、しっかりと駐車料金1000円取られました。もっと早く行動できないこともないが僕はそれほど漕ぐことに情熱もなければ何かを見たいわけでもない。ただ、一日を終え振り返ってみて良い一日であればそれでいいのだ。シーカヤックというよりJAVAから見る景色はそれはそれで格別なのだよ・・

PB260004.jpg

 出艇は11時半、以前も書いたが組立・撤収・お手入れで2時間以上と考えるとツーリングは3時間以上したいな・・海岸線に沿ってバスも走っているがツーリングに現実的なのは午後3時前後の下田行き一本のみ。それを気にしながら行動するのはカヤックを漕ぎに来たのかバスに乗りに来たのかいまいち分らんので素直に小浦から往復とした。

波勝崎あたりは浅いのか?ウネリもありブランクカヤッカーを緊張させる。ただ、速度こそ出ないもののJAVAは安定している・・それをかつてオーナーズミーティングでこの辺りを一緒に漕いだフェザークラフト社、社長ダグ・シンプソン氏は証明してくれた。

PB260007.jpg
晩秋のやわらかな日差しを浴びながら再び子浦に戻ってきたのが午後3時過ぎと丁度いい時間だ。

斜めに差し込む日差しを頼りに撤収作業、JAVAの船体布の乾燥を試みるが・・休憩のため漁港脇の砂浜に上陸した際、ショアブレイクのためか砂交じり波を喰らいジャバのキールラインはジャリジャリだ!柔らかな残陽での乾燥をあきらめパッキング、カタログ値では重量15キロのJAVAだが生乾きだと倍ぐらいありそう・・

PB260010.jpg
車のカタログによく乾燥重量と装備重量があるが濡れた船体布だとどのぐらいの質量になるのだろうか?

帰りは温泉に寄り松崎をあとにしたのが午後7時過ぎ、下道で厚木インターまで粘り家についたのは午前様になってしまった。明日から雨、週休2日制なので明日は違うことができると考えると有意義な時間を過ごせたと思う。振り返ってみていい一日だったよ!
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply