気分はいつも日曜日!

ARTICLE PAGE

表立つ潜在意識

Feathercraft Java
  • comment0
  • trackback0
 ETC早朝割りが使える朝6時前に首都高に入った。都心環状も神奈川線もまだ、流れはスムーズ。大黒PAで少し仮眠して三浦半島には朝8時前に到着。

P602ベイブリッジ
朝から首都高トライアル?横浜ベイブリッジを渡る・・


  浜でカヤックを組み上げていると、なんと同じカヤックを組んでいる人が現れた。横目で見つつフォールディングであることは分かったが、でも、あのフレームの湾曲具合・・まさか同じフェザークラフトJAVAとは、しかもこんな平日に!同じカヤックのユーザーだと話も弾む。城ヶ島まで同行させていただくことに・・ありがとうございました!


P602城ヶ島海岸
少しくらい風があるかと思いきやほぼ無風・・海上は穏やか、絶好のツーリング日和!早起きした甲斐あった!


 同行させていただくM氏のスタイルは漕艇時は素足。その年季の入ったフェザークラフトJAVAはガンネル部のフレームは折れ針金で補修してある。シートはカフナ用、装備は予備パドルどころかポンプも持たない。飲み物と食料と読書のための本、それに昼寝用のアンカーのみといったシンプルで自由なスタイル・・

キャリアはカナディアンからリジット艇、現在はフェザークラフトカフナとJAVAを所有というベテランカヤッカー。


P602城ヶ島南岸
干潮時と重なり浅いところでブーマーが立っていた。


そんな中でフェザークラフトJAVAの手軽さ、汎用性、安定感、用途(遊び)に対する信頼性‥お互いアレコレ話している中でJAVA最強説まで生まれてしまった(笑)。

僕自身がカヤックとの付合い方を模索している中で、その雲のように自由気ままなスタンスは降り積もった雪が解けてゆくような・・そんな感じがした。


P602赤JAVA青JAVA
惚れても腫れても来るのはいつも城ケ島・・


P602横瀬島
城ケ島から横瀬島へとアイランドホッピング、


 当初、三浦海岸で上がり電車で移動し、RF2を回収しようかと思っていたがM氏のスタンスを見て何かフェザークラフトだから無理して畳んで公共の交通機関を利用しようとしている自分がバカバカしくなってきた。『Feathercraftユーザーはこうあるべきだ』的な、それをやらなければフェザーに乗る資格ナシ!?なんて、ウチワな感じが多く思えたけれど、今日は収穫の多い1日!

考えてみれば、最近、キャリーバックで足が引っかかって危ないとか邪魔だとか結構、問題になってるよね~。他人が見たら単なる迷惑‥前の記事にも書いたが、自己満足はともかく他人に迷惑をかけないようしなくては・・


P602青JAVA赤JAVA
でも、フェザークラフトの船はどれもカッコいい!僕もこんな素敵なカヤックを持っているのだからもっと海に来ないとね‥


P602城ヶ島大橋

今回はイマイチ、ポジションが決まらなかったけど、次回の課題はシート位置とあとはラダーに頼らないフォワードストロークの習得だよ・・

そうそう、M氏も僕も共に感じていたことが総代理店のA&Fの対応の悪さ。『うちは関係ないんで、販売店に聞いてください。』みたいな・・修理とか補修とかどうしたらいいのだろうか??M氏はフレーム折れてるし、スケグも船体から直接、引っ張り出さなければ出なくなっている。販売店も縮小してしまい何処に聞いたらいいのやら・・フェザー関係者の方、ご覧になっていたらよきアドバイスを!

 帰りは、首都高向島線で未完成の東京スカイツリーを見つつ中央環状経由で帰路に着いた。

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply