気分はいつも日曜日!

ARTICLE PAGE

9月の空

アウトドア仕様・・
  • comment0
  • trackback0
予報通り晴れた、9月は晴天率が高いと思うのだが・・やや雲があるが良いオブジェになってくれるだろう。

P10908-1.jpg
ここに自分の自転車持ってきたのは9年前、その時は新車であり、ここにはじめて泊った。あれから乗り手も自転車も古びてしまったがあの時の楽しさだけは忘れたくない。


 今回は旅程が短いので予め走りたい所をネットでチェックしておいた。ルートは麓郷べべルイから美瑛のパノラマロードのワンウェイをベースにちょこちょこ寄り道してみようと思う。片道は富良野線利用の輪行で鉄旅も加えてみたのだが・・

P10908-2.jpg
最近、バスツアーに美瑛駅~中富良野駅間の鉄道利用を組み込んでいるようでかなり混雑していた。もう9月だよ??場所取りするのも大変だったよ。


P10908-3.jpg
先ず始めは宿のスタッフの方、おススメの『六花亭』に向かう。カラッとしているが強い日差しの中、斜面を登って行くと真新しい建物が・・近くにワイナリーもある。コーヒー無料、おやつを少々購入・・

結果からいうとここに寄る必要はなかった。おやつは食べなかったので荷物になっただけ・・それにここから麓郷に向かう時、道を間違えて結局の所、鳥沼に着いたのが13時過ぎ・・麓郷までのヒルクライム。お昼前にやりたかったよ~

P10908-4.jpg
おる程度、高台まで来ると美瑛のように緩いアップダウンでつないでゆく道になる。


P10908-5.jpg
暑い暑いといっても季節は秋、日が傾くのも早い・・


P10908-6.jpg
雲が流れてゆく・・北海道らしい雄大な風景。

P10908-7.jpg
べべルイに出たのは14時半位、朝はお腹いっぱい食べたけど小腹が空いてきたので北海道名水『原始の泉』で遅めのランチ・・

P10908-8.jpg
ここから、しばらく下りベースなので16時に上富良野、国道237号線に出た。


日没は約18時、もう、アチコチ寄り道している時間はない。国道を美瑛まで帰るのが最短であろう。大型バス・トラック・ダンプも多いが仕方ない・・

秋の斜陽を浴びて、一人、坂道を漕いでゆくのは何故か人恋く、郷愁にそそられる。緩い深山峠を越えると美馬牛が近づいてきたと感じる。いつものお馴染みの景色だ!ただ、どうしてもマイMTBで寄りたかった『ジェットコースター路』に立ち寄った。


P10908-9.jpg
スタンドがないから自転車入れて撮影するのはメンドイよ。

いよいよ本日のツーリングもフィナーレ・・と行きたいが国道沿いに赤く光る斜面を見つけた。

P10908-10.jpg
『かんのファーム』でサルビアの花が西日を浴びて紅く輝いている。


P10908-11.jpg

なかなか美瑛に着かないな(笑)。雲も薄桃色に紅れて僅かな時間だったがとっても美しい景色であった。ふと何かを感じて立ち止まれるのは徒歩や自転車旅の魅力だろうと思う。


 僕は宿への坂道を登り、日は暮れてしまったが僅かな残光の残る空を少し見ていた。もう、手の届きそうな雲は一つもなく秋らしく澄みきった空が広がっていた。この日は新月、夜空の星も一段と輝きを増し、ツマンネー飲み会そっちのけで星観賞に繰り出した・・

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply