気分はいつも日曜日!

ARTICLE PAGE

消えてゆくだけのサクラに思いは重ならない。

風景画
  • comment0
  • trackback0
今日は海に行こうかと思ったが強風波浪注意報を聞いて予定変更。先週同様、再び自宅から自走して多摩湖・狭山湖までサイクリング。

20110413-1.jpg
春とはいえまだ、朝方は空気もひんやり・・シンシンと野火止用水沿いをチャリで漕ぐ。
今日は水曜日なので東久留米のうまいパン屋“ベーカリーハウスマイ”で昼飯の購入がてらテラスで温かいコーヒーをいただく。


20110413-2.jpg

小平霊園から多摩湖自転車道といつものコース。通りは春の息吹がオマケに花粉も・・


20110413-5.jpg

多摩湖に出ると走りもスポーティになりサイクリングからエクササイズの要素が大きくなる。今日は朝早く出たので狭山湖周りの林道を抜け堰提でたのが丁度、お昼だった。


20110413-3.jpg

水面を見ながら食後のコーヒーを楽しんでいると、あることに気づいた・・

波が無いのである。同じ水辺でも心惹かれないのは寄せては返す波の音・・これにいろんな事や想いを重ねてみたりするのだがそれが無い(波が砕ける音はあまり好きではないが)。なにかノッペリした明らかに人工的な景色だ。


20110413-4.jpg
帰りは先週と同じ狭山公園に立ち寄った。

20110413-7.jpg
ここからまた、うまいパン屋までノンストップ。3時のコーヒーブレイクをここで過ごした。

20110413-6.jpg
帰り道、街の工事用地内に雑草のように生えるスミレの花を見た。

季節は移り変わり、桜が散りツツジへそしてアジサイ、アヤメ、向日葵と季節は流れてゆく。
でも、こうしている今も海辺で寄せては返す波はいつもその音を人々の中にいろんな形で響いているのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply