気分はいつも日曜日!

ARTICLE PAGE

朝から「やってやるぜ!」というテンションにならない

Feathercraft Java
  • comment0
  • trackback0
朝は薄曇り、なんかカッタリー、ヤル気しねー。毎度毎度、朝はご機嫌ナナメ、不機嫌である。御ガキ共なんて・・と書いたが、人の事いえんな・・僕こそ御ガキ様だ。

20110815-1.jpg
外気温は23℃熱帯夜から開放された。

浜坂のコンビニで朝飯と今日の昼飯を購入。諸寄海岸には8時半頃到着。ラッキーなことにステップワゴンは浜に近いところに置けた。朝飯食いつつグズグズとフェザークラフトJAVAを組立。組みあがるとポツポツと雨が降ってきた。ウェザーニュースの予報をチェックすると浜坂、風速5m/sとあるが僕は無風のように思えたが・・

20110815-2.jpg
雨雲も去り出艇は10時近く、三浦はいつも11時だからいつもより1時間早いゾ!

今回、地図は昭文社のツーリングマップを拡大コピーしておいたよ。沖に出ると切り立った海岸線が見える。浜坂を過ぎた辺り前に見えるあそこが鬼門崎と思っていた。暑いけどガンバって漕ぐ!

20110815-3.jpg

ココは潮がぶつかることポイントかな・・三角波が立っていた。時計を見ると11時半「ゲッ、ここまで2時間近くかかってるぞ・・」と内心チョット焦った。今日は但馬御火浦(ミホノウラ)・香住海中公園も楽しみつつ香住海岸まで漕ぐ予定だがこのペースじゃせいぜい餘部止まりだよ・・浜坂まで戻るかな・・でも、餘部まででもいい・・ガンバッテみる!この時期しか、こういった所には来れない。

20110815-5.jpg

時々、海水で足と頭を冷やしスポーツドリンクで熱中症対策。でも温いスポドリ程、渇きをいやさないものはない。温くてもマズマズなのはやっぱり水が一番かな!?

20110815-4.jpg
岬の先端になにかある。「あれは、きっと三柱神社だろう、ツーリングマップに出てるよ!でもなんかアンテナっぽいな・・」
ココを回ると大島かなと思ったらなにか建築物が見える・・「あーあれは山間をトンネルで抜けるバイパスだろう」とも思っていた。

20110815-6.jpg
しかし、近づいてみるとアレレッ、昨日、通った新しい餘部鉄橋じゃないか・・

ということは僕が鬼門崎と思っていたのが大島だったのか!田井浜なんかとっくに通り越していた。但馬御火裏、地図で見るより実際はショボイな・・

20110815-7.jpg
餘部には当初予定していたお昼に到着。ここでもウェザーニュースをチェックしてみたが風速5m/sとあるがそれ程でもないと思う。

20110815-8.jpg

しつこいが暑い!とにもかくにも冷たいドリンクが欲しい!自販機で買ったペットボトル一気に飲み干した。「このペースなら13時半に出艇すれば15時には香住海岸に着くだろう。」と急に余裕こいてる僕・・鉄橋見物に来た人に見送られつつ出艇。香住海中公園を楽しませてもらいました。


まぁ、きっとツアーにでも参加すれば穴場スポットや洞窟なんかいけるのでしょう・・・でも単独行動は全て自分で責任を負わなければならない。限りなく“絶対”に近い”安全“が無い事はしないと肝に銘じて、夏場に見せる穏やかな日本海の海岸線。その美しさを堪能し、自然のなかでこの貧弱なカヤックといった乗り物で遊ばせていただきました。


20110815-9.jpg


途中、遊覧船とすれ違ったなんでも美人姉妹が船長らしい。やがて松島海岸から海水浴場らしくBGMが聞こえる。昨日の下見どおり僕は、香住海岸、脇の岩場で上がった。

この天気が最初から分かっていればもうチョット早出して香住キャニオンを見つつ隣の隣、”佐津“まで漕いでもよかったかな・・なんて思ったのは後の祭り。

20110815-10.jpg
香住海岸は撤収するのにこういったモノがありがたい。それに、この陽射し船体布もよく乾く、JAVAユーザーにありがたいのは砂の巻き込みがほとんど無い。済んだ海水に洗われ、実にキレイな撤収作業であった。

20110815-11.jpg

山陰本線の時刻表はいつも仕事の合間にオサボリしてる図書館でスキャンしておいた。列車で餘部鉄橋を渡るとなにか感慨深い。今回の旅路、ラスボスはこの鉄橋か!?

20110815-12.jpg
香住から諸寄まで320円、普通列車はほとんど浜坂止まり、諸寄までは浜坂で鳥取行きに乗換えなければならない。オマケに駅では先頭車両の前ドアしか開かないとアナウンスが。最後尾にいた僕はフェザークラフトをのっけたカート(780円でカインズホームで購入)を引っ張って車内を駆けた。

20110815-13.jpg
浜に戻るとお盆らしく、灯篭流しが・・

海は流しても回収するのかな?ご先祖様の霊を迎えに行くそんな時なのだろう本来は・・でもこの時期しか休みが無い。

振り返ってみれば暑く、岬を勘違いしたりとあったけど、健康的で楽しい1日だった!浜坂は市町村合併で新温泉町となり浜坂温泉ユートピア(300円)で汗を流し再び標高360m神鍋高原を目指した。今日はステップワゴンRF2の中で飲むハイボールが美味かろう・・

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply