気分はいつも日曜日!

ARTICLE PAGE

ハイブリット・トレッキング

アウトドア仕様・・
  • comment0
  • trackback0
 4ナンバーステップワゴンと暫くお別れしないといけなくなった・・ここで代車登場、ハイブリットカー『HONDAインサイト』号出動だ!

20111026-1.jpg

 家を朝、5時に出て上田菅平ICを降りたのが7時過ぎ、朝食タイムは途中のコンビニ・・カップ麺にサンドイッチと結構、ガッツリ食べてしまった。菅平牧場に着いてのが朝、8時頃。車を出ると「寒ッ!」オマケに風も強い!山の北斜面の樹木は霧氷が・・

余りに寒々としているのでインサイトの車内で怖気づいていたら登山者が続々と駐車場に入ってきた。皆、寒い中、元気に準備しているのを見て軟弱な自分に「喝ッ!」

ステップワゴンと違い狭いインサイトの車内で着替えを済ませ・・出発前にウィダーゼリー飲んで・・Charge&Go!

登山道がぬかるんでいると先週の武尊山の残像が、「またか・・」といった思いに駆られたがそれも束の間、結構、歩きやすい。登ってゆくと所々、石に『ファイト』とか『ガンバ』とか書いてあった(笑)

20111026-2.jpg

標高2,000m近くなると木々も霧氷が・・午後には溶けてしまうのだろうか?中四阿山から四阿山への尾根道にでると猛烈な北風が・・晴れてくるかと思ったけど山頂は未だ雲の中。

20111026-3.jpg

ちょっと寒いくらいが登りにはイイ。そそくさと登り詰め2時間ほどで山頂到着。途中、ミックスナッツやお菓子等、食べていたのでまだハラへってない。朝からチョコチョコ食べてすでに1,000カロリー位は摂取しているだろう。

殆ど疲れてないし、まぁこの寒さならチョット位、走ってもいいかな・・

20111026-4.jpg
お昼になると巷で噂の“山ガール”も現れ、平日だというのに賑やかな山頂になってきた。


20111026-5.jpg
山頂には40分くらいいただろうか・・時折、雲の切れ間から下界が望めた。霧氷は北斜面だけじゃなかった。

これ以上の晴れ間は望めそうにないので根子岳へ向かう。四阿山の鬱蒼とした樹林帯を降りてゆと登山道には霜柱が立っている。ルーディーな根っこ道は結構、滑る!慎重に下らなければ・・


20111026-6.jpg

根子岳との鞍部は熊笹が覆う草原だが‥


20111026-7.jpg
この世とは思えない景色に遭遇した!


クリスマス・ツリーも現れたまに射す日差しが霧氷をキラキラと輝かせる。秋の景色と冬の景色をミックスしたような、なんとも幻想的な雰囲気・・

根子岳が風を遮ってくれるのでここでお昼にした。『山頂=ランチ適地』とは限らない。この景色をタップリ堪能して今度は根子岳への登り!エネルギータップリ補給して整備された登山道をグイグイと登った。


20111026-8.jpg
ここが山頂?と思えるような岩場を過ぎると視界が開ける。ネット下調べしておいた鐘と神社があった。

20111026-9.jpg
根子岳山頂、吹きさらしで寒いかと思ったけど、予想外に風も強くなかった。こっから牧場まで下り1時間程なので名残惜しくここで登山者の方としばしお喋り・・


20111026-11.jpg

ここは是非ともスキーで訪れたいことろだ。晴れれば北アルプスまでバッチリなのだが今日はこんな天気・・午後2時位に下山開始。


20111026-12.jpg

霧氷地帯から樹林帯の中へ・・やがて牧場の柵が現れると、眼下にインサイト号が見えた。麓は晴れているが山はご覧のように雲の中・・午後になっても気温は上がらず霧氷も溶けず残っていた。

下山すると先の登山者の方と寒い中、牧場ソフトクリームを食べつつ山談義・・午後4時この地をあとにした。

 帰りは松井田妙義ICまで下道で粘り関越道で帰った。インサイトは下りでアクセル踏まなければモーター駆動となりガソリン供給がストップする。山からの下りがエコ運転につながったかな!?気になる燃費はリッター22キロ、MAXで30キロ達成!

往復400キロ以上をガソリン20ℓで走りきってしまうハイブリット車の燃費は素晴らしい・・


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply