Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

気分はいつも日曜日!

01
2011  23:00:00

あの景色が目の前に(雲取山編)

 先週の四阿山・根子岳に続いて今度は雲取山縦走を画策。もう、5日くらい前から天気が気になって仕方ない。平日休みのメリットを活かさなければ・・それに写真で見て綺麗な雲取山荘に泊まってみたいと思った。山小屋泊まりは5年ぶり、時刻表を眺めつつすでに旅は始まっている・・

西武秩父駅に朝9時前につけば三峰神社行き、9時10分のバスに乗れる。雲取山荘で1泊して奥多摩駅まで歩けば後はJR線で帰るだけ。出発前日に職場の飲み会が催されるとのことだが「それは俺に対する嫌がらせか!」と思ってしまった。そんなモン無論パスだ!

数日前、描いていた事がいよいよ現実に‥

 僕は朝7時頃、ウチを出た。新秋津駅でJR線から西武線に乗り換える。途中のコンビニで昼飯のオニギリを買った・・歩いている人は殆ど通勤・通学の人達ばかり。登山者スタイルの僕は浮いている・・もう、シャツの裾はズボンの中だよ。

20111101-1.jpg
所沢駅発7時52分のレッドアロー号に乗って西武秩父駅に到着。全ては時間通り、三峰神社には10時半ごろ到着。

20111101-2.jpg
ここで飲み水の補給を出来るのかチョット不安だったけど、水場はありました。

20111101-3.jpg
雲取山まで行く人はそう多くないみたい・・静かな山歩きとなりそうだ。標高約1,040m三峰神社を午前10時45分に出発!


20111101-4.jpg
霧藻ヶ峰には秩父宮のレリーフが、ここには小屋とトイレもある。ここまではハイキング感覚で歩ける。僕はここを越えたお清平で昼食にした。ちなみに汲んできた水はあまりおいしくない・・


ここからややキツイ登りが始まる。“前白岩の肩”につくと先行する登山者の方に追いついた。皆さん雲取山まで行くとのことだ。僕は単独行、日没の時間も気になったので先を急ぐことにした。ちょっと歩くと白岩小屋に到着。ここもトイレがある。

20111101-6.jpg
西側の、展望がよく奥秩父、八ヶ岳、浅間山等、お馴染みの山々が見て取れる。


20111101-7.jpg
振り返ると、「ここは奈良公園か?」と見間違えんばかりに鹿が何事もないように通り過ぎて行った。携帯を向けるとカメラ目線で写ってくれた。


20111101-8.jpg
再び登り始めると標高1,921m白岩山に到着。

展望の効かない樹林帯だが強風にさらされることなく、テーブルとベンチもありストーブなんか扱うには良いところだ。

白岩山からの下りは稜線脇の狭い道。折角、登ったのにグングン下ってゆくと樹林帯というか原生林の中、大ダワという鞍部に着いた。ここでも、数名の登山者がいた。女坂を下ってきた人に感想を聞いたら展望は無いとのことだったので男坂(車田正美ではないぞ)をあがってゆくことにした。


20111101-9.jpg
男坂といっても結構、歩きやすく閉鎖された雲取ヒュッテを通り過ぎテント場を過ぎると大きなログハウス風の雲取山荘に到着。時間は15時15分。日没時間を考えると山頂まで行くかどうか迷う時間だ。


 フロントの無愛想な態度にややムッときたものの取り合えず、チェックインしてストックと携帯だけ持って雲取山山頂を目指した。


20111101-10.jpg
標高2,017m、16時前に山頂についた。風弱く、人も少ない・・20分くらい居たかな?富士の夕景を堪能・・


 山小屋に戻り室内用ウェアに着替えた。僕は今回、試してみたかった”ファイントラック・ナノタオル“と使い捨てウエットペーパー、水のいらないシャンプーで体をフキフキ・・割とサッパリできた。この室内用ウェアが下山後の帰りの着替えとなるのだ。

平日だし個室かと思っていたら同室の方が3名。夕食前まで室内の豆炭コタツを囲み、お話させていただきました。白岩山で会った方達に「飲もう!」といわれたのをスッカリ忘れてしまってスミマセン。f(^_^;

お一方は若い頃からケイビング、ロック・シャワークライミング、雪山、海外登山と超ベテラン登山家。もうお二方は高校時代の同級生。このお二方を見ていると僕もよく、一緒に出かける高校時代の同級生が重なった。歳こそ違えどやっている事は結構、似ている。
皆さんあまり大酒のみでもなさそうだしカルチャーが近い人達が同室でよかった。


20111101-11.jpg
雲取山荘の夕食はハンバーグにポテトサラダや山菜やら豆腐や味噌汁・・ご飯はオカワリ自由。僕はご飯、3杯も食べてしまった。味のほうはポテトサラダ以外は結構○。つーかあまりマヨネーズ、好きじゃないんだ・・自炊だとアルファ米やレトルト食品が中心となり食事が楽しくない・・やっぱりしっかり食べたい!
 

 食事を済ませるとロビーのストーブを囲んでそれぞれの山行に話が弾む・・最初、「なんだコイツ」と思った山小屋の人も安全登山に理解のある山男だった。

何故か山にくるとおしゃべりが楽しい・・僕はきっと心を軽くしないと山に登れないのかもしれない。日常の蟠りや葛藤をおろして身軽になった者達が見せる清々しさ・・消灯時間まで皆さんと楽しくお話させていただきました。

夜8時半、有無を言わさず消灯です。

朝、通勤客の波に逆行して歩いたこと。特急電車、バス旅。神社の鳥居、すれ違った人、動物、目に映った景色・・全てが今日の出来事なのだ。昨夜は不安が大きかったけど、同じような気持ちをそれぞれが抱いていたことに安堵を感じ今夜は遠足に出た子供頃のような気分。

なかなか寝つけないかな・・明日はどんな日になるのかな?

関連記事
スポンサーサイト

 アウトドア仕様・・

0 Comments

Leave a comment