気分はいつも日曜日!

ARTICLE PAGE

上毛三山、妙義山。

風景画
  • comment0
  • trackback0
 今回は家族旅行、群馬県の妙義方面へお昼近く実家を出発!

20111115-1.jpg

関越道で一本なので午後2時頃には現地についてしまった。岩場で知られるところだけど今回は山登りに来たんじゃない。紅葉狩りを楽しみつつ表妙義の双璧、白雲山の下、妙義神社へ・・台風で崩れたらしく神社のおくまでは行くことはできない。

20111115-2.jpg

近くの”道の駅“にある観光案内所でこの辺りのパンフをいただき今度はパノラマパークへ向かった。チョット逆光・・高さこそ1000m級だけどダイナミックな景観。公園では絵を描いてる人が多い。


20111115-3.jpg
もう一方の双璧、金洞山の麓、中之岳神社へ・・

20111115-4.jpg

コッチのほうが標高にして200m程、高いそれに石門巡りができるのでハイカーには人気だ。僕は神社の階段を駆け上がり、トドロキ岩まで200mの標識を発見!吸い込まれるように山道を上がってゆくと岩場になった。


20111115-5.jpg

上から人の声が聞こえる・・先客があるようだ。少し待つと2人組の女性登山者が降りてきたので交代で上がってみた。結構、高度感がありチョット怖かったよ。


20111115-6.jpg

上からハイブリット車が見える。親を待たせているのだが、ここから見ているとは分からないだろうな・・


20111115-7.jpg

荒船山は雲の中だ。ハシゴを降りると再び人が上がってきた、しかも女の人だった。やっぱりブームか?
だいぶ寄り道してしまったが駐車場に戻るとややあきれて顔で待っていてくれた・・

少し運動できて何故か心地いい。裏妙義の国民宿舎にチェックインして入浴を済ませ、動いたので夕飯も箸もススム!

この辺りはau携帯も地上波TVも入らない。パソコンと本を持ってきたのでここは時間を有効に使おう。でも少しイジッタだけ、疲れて直ぐ眠ってしまった。


20111115-8.jpg

翌朝、目覚めよく朝からお風呂・・チェックアウトの朝10時まで周辺を散歩したりしてノンビリ過ごした。ハイカーの方々が続々と集まってくる。オススメは"丁須の頭(ちょうすのかしら)"とのこと。裏妙義・・次回は登山で訪れたい。


20111115-9.jpg

国民宿舎をあとにして横川鉄道文化村を見に行った。信州への玄関口でいつも通過することが多いのだが今回はじっくりと・・

20111115-10.jpg
汽車の定番、これを撮らなければ・・


20111115-11.jpg
個人的にはこのステンレス車両が好き・・かつて関門海峡でブルートレインを引いてたよね・・


20111115-12.jpg

碓氷湖から難所?名所?“めがね橋”まで旧信越本線上が遊歩道となっている。


20111115-13.jpg

いくつかのトンネルを過ぎて約20分くらい紅葉を見ながら歩いた。軽井沢まで歩けるようになればいいのについでに自転車も通れるようになればいいな。


20111115-14.jpg
めがね橋撮影ポイントにて・・
設計者は日本人では古川晴一氏、夏に訪れた山陰本線、旧餘部鉄橋を同じ人物だった。


20111115-15.jpg

碓氷湖に戻り僕だけ湖畔を周ってみた。ところどころレンガ造りとアーチ橋が統一のデザインのようだ。

20111115-17.jpg
それほど色付きは良くないけど良さげな所を見つけて撮ってみた。


20111115-16.jpg


帰りは峠の釜飯“おぎのや”に寄ってみた。中は釜飯以外のカフェや定食等もあった。ここもレンガ造りのアーチ橋のイメージで仕上げられている。


20111115-18.jpg

今回はスポンサーがいるので下道でケチることなく高速道で帰った・・


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply